ジャガイモの栽培

種イモを植え付け培土してジャガイモは通常栽培されます。ちょうどよいサイズに芋から発芽した芽を中心にして大きく切り分けたものを種芋として 利用します。生長する高さは50センチ~1メートルくらいまで直立する地下茎が育ちます。奇数羽状複葉が葉です。花は花茎の先端に多くの花 を咲かせます。花茎は葉の付け根から長くのびています。5枚の花弁を持っていて黄色い花心をもち星型の花の形をしています。花の色は紫・ 白・赤と様々で品種によって異なります。小型の実をつけますミニトマトに似ています。条件や品種によっては実をつけますが、受粉能力は低いと されています。完熟に至るのはまれです、落下しやすいからです。実の色は緑から黄色そして赤へと熟すに従って変化します。種子を発芽させて 生長させることもできます。種子は果実の中にあります。この種子を利用してジャガイモの交配は行われますが、全体的に生長しても小型です、種 芋から育たないからです。交配に時間のかかる草本性植物といえます、これは3年(3代)くらい親株と同じ大きさまで育てるのにかかるからです。 土寄せが行われます。これは肥大する地下茎をに日光にさらさないようにジャガイモを収穫するためです。 土地については酸性の土地(PH6前後)が栽培には適しているようです。痩せて堅い土地にも強く冷涼な気候にも強いです。一方で連作障害が 発生しやすく、虫や病害の被害をこうむりやすいのが特徴です。収穫されずにそのまま残された芋や保存状態の悪い種芋は病害の原因となりや すいです。病原菌が繁殖しやすいような栄養と水分がジャガイモの地下茎には豊富に含まれているからです。そのせいで、種芋の売り買いが日本 では植物防疫法の指定種苗として指定されて規制されています。
連作障害が発生しやすいという特徴がジャガイモにはあります。寄生虫や病害が発生しやすくなったり、生育が悪くなったりする現象が連作を行った 土壌では起こりやすくなります。例をあげるとナスをジャガイモの後に植えた場合にも連作障害を起こすように、ナス科の植物はジャガイモに限らず この特質をもっています。 ジャガイモシストセンチュウによる生育阻害がジャガイモに絶大なる被害を与える原因として特に挙げられます。高密度に地中で増えるとジャガイモの 生育をとても妨害をします。収穫量が60%程度低下させるのに100の卵が乾土1g中にいれば達成してしまうといいます。卵状態(シスト)になって 10年以上も生存し続ける場合が宿主(ジャガイモ等)が状態でもあります。薬にも強いためにシスト状態は根絶が難しいといいます。拡散の防止策 としては、卵がくっつくかもしれない運搬具や農具の洗浄、卵を含んでいるかもしれない土を移動しないなどの対策がとられています。いまのところ 抵抗性品種の作付がもっとも効果的な密度低減対策でるようです。そのほかにはセンチュウの密度を低減するには効果は低いのですが、非宿主 の作付や長期の休閑なども対策としておこなわれています。人体には無害ですがジャガイモにはとても被害をあたえます。伝染は動物のフンから するといわれています。よって、検疫をうけていないアイルランド経由以外の塊茎類の直接の持ち込みは日本では堅く禁止されています。検査が 義務付けられており、種芋の販売が規制されています。指定種苗として植物防疫法で規定されています。 この連作障害については、ジャガイモの原産地で名高いアンデス中央高地では古くから認識されており、輪作と長期の休閑が行われていたと言われて います。別の作物をジャガイモの次に植えるだけでなく、長期の休閑を3~4サイクルで1つの区画を利用した後に取るなどの対策がなされています。 畑の大きさや人口密度によって、休閑の期間は違ってきます。しかし、シストセンチュウが再び問題になってきているといいます。それは長期の休閑 が個人が所有する土地区画が農地改革のせいで耕作地が私有地化され共有地がなくなったせいで行われにくくなったからです。そのほかの対策は ノウゼンハレン科の塊茎類のマシュア(別名イサー二ョ、学名Tropaeolum tuberosum)とよばれる植物を混植することで、アンデスのいくつかの地域 ではシストセンチュウの発生を抑えています。シストセンチュウを避ける分泌物をこのマシュアは出すことが化学的に証明されています。スペイン人の 記録文書には男性の生殖能力を抑える目的でマシュアが労働賦役や長期の兵士の出征などにおいて用いられていたことが記されています。これは マシュアに男性の生殖能力を抑える働きがあることを利用したものです。
有毒 なアルカロイド配糖体を含む、デミツシン、レプチン、コマソニン、ソラマリン、チャコニン(カコニン)、ソラニンなどのポテトグリコアルカロイド(PGA) が ジャガイモには含まれています。果実や芽や皮層などに特に多く含まれますがジャガイモ全体にも含まれ、大きさや品種によりばらつきがあります。 このように毒性があるために、緑色を帯びた皮や芽を食べる際には取り除かなければなりません。加熱してもPGAはあまり分解されません。疲労感 ・腹痛・嘔吐・頭痛などの中毒症状がPGAにはあります。発育不良の小学校・保育園などの自家栽培による小芋などはPGAが特に多いために、成人 よりも発症量が10分の1程度と少ない小児などの中毒の例が非常に多いです。死に至ったケースもあります(芽を大量に食べたことによって)。芽を (緑色に成った場合は皮も)丁寧に取りのぞき、暗所で日光を当てずに保存することが対策として挙げられます。粉ふき芋で中毒した事例があるので 水にさらしたり、ゆでたり、皮をむいたりすることで水溶性のためにPGAはある程度排除することは出来ますが、全てを排除するのは難しいようです。 また、PGAが塊茎に比べて高いために果実は芽ほどではないですが、食べるのにてきしてはいないようです。