アイルランド

イングランド貴族がアイルランドを征服した後にジャガイモの栽培を熱心に勧めたことによってアイルランドではジャガイモの栽培が広まったといいます。 アイルランドでジャガイモの栽培が広まったのは収量や栽培の容易さだけではありませんでした。しかし、イングランド人貴族の本心は、自分たちが 収奪する麦の分量が、農民がジャガイモを栽培をしてそれを食べるように仕向ければ増えると見込んでのことでした。理由はどうあれ、ジャガイモが 非常に重要な主食としてアイルランドで定着していきました。このようなことから、ジャガイモ飢饉がヨーロッパに蔓延したジャガイモの疫病の影響で アイルランドに1840年代に起こり、ジャガイモに依存していたアイルランドの人々はこまって、北アメリカに移住していきました。ジョン・F・ケネディ(ア メリカ合衆国第35代大統領)の曾祖父のパトリックがこの移民の中にいたことは有名な話です。